コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボホナー Solomon Bochner

世界大百科事典 第2版の解説

ボホナー【Solomon Bochner】

1899‐1982
ポーランド生れの数学者。クラクフに生まれ,1921年ベルリン大学で博士の学位を取得,1927‐33年までミュンヘン大学講師,33年からアメリカのプリンストン大学に就職,38年アメリカに帰化,46年同大学教授となった。業績は,まずフーリエ解析について,(-∞,∞)で単調増加かつ有界な関数α(x)によって,と表現される関数f(x)の特性を与え正の定符号関数positive definite functionと呼んだ(1933)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ボホナーの関連キーワードジョージ・デビッド バーコフソロモン ボホナー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android