コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボホール[島] ボホール

2件 の用語解説(ボホール[島]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ボホール[島]【ボホール】

フィリピン中部,ビサヤ諸島の南部にある島。地形は丘陵性で石灰岩地が多い。最高点は標高800m。雨量が少ないため食料の生産は十分でないが,マニラ麻ココヤシの栽培は盛ん。
→関連項目フィリピン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ボホール[島]【Bohol Island】

フィリピン中部のビサヤ諸島主要7島の一つ。形状は楕円形に近く,面積3864km2は全国第10位。北半分は風化の進んだ火山性物質の小丘陵からなり,南半分には隆起した石灰岩の溶食による小高い山の林立する独特の景観(チョコレートヒルズ)が展開し,観光客を魅了する。属島を含む島全体でボホール州を構成し,人口80万6013(1980)であるが,早くから人口流出が目立つ。州都は南西端のタグビラランTagbilaranで,ここは16世紀後半,植民地支配を目ざしてやってきたスペイン人総督レガスピが現地人首長シカツナと最初の血盟を結んだ土地だといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のボホール[島]の言及

【ダゴホイの乱】より

…スペイン植民地下のフィリピン中南部のボホール島で,1744年から1829年まで85年の長期にわたって闘われた対スペイン反乱。指導者はボホール島イナバガ町の住民ダゴホイFrancisco Dagohoy(?‐18世紀末?)。…

※「ボホール[島]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone