ボルツァーノ(Bernhard Bolzano)(読み)ぼるつぁーの(英語表記)Bernhard Bolzano

  • 1781―1848

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プラハで活躍したオーストリアの哲学者、数学者。カトリックの司祭でもあり、15年間プラハ大学で宗教哲学を担当したが、1819年チェコ独立運動に加担した罪で、当時のチェコの支配者オーストリア政府により罷免された。哲学上の主著は1838年刊の『学問論』全4巻。ドイツ観念論を批判し、独自の客観主義的論理学説を展開した。心理的なものに対する論理的なものの独立性を主張した彼の学問論は、命題自体、表象自体、真理自体という三つの基礎概念に支えられている。これら3概念は、主観の表象作用や判断作用とは無関係に、独自に存立する理念的な諸対象であり、したがって時間‐空間的に限定される現実存在ではないとされる。同様の考え方により、純粋数学はもっぱら純粋概念に基づく学であり、したがって直観を必要とせず、数学の真理はすべて純粋な概念真理であるとされる。哲学史的には、フッサールやマイノングへの影響が重視される。

[立松弘孝]

『B・ボルツァーノ著、藤田伊吉訳『無限の逆説』(1978・みすず書房)』『藤田伊吉著『ボルツァーノの哲学』(1963・創文社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android