司法省法学校(読み)しほうしょうほうがっこう

世界大百科事典 第2版「司法省法学校」の解説

しほうしょうほうがっこう【司法省法学校】

明治初期の司法省内に設けられた司法官養成のための法学教育機関。明治維新にともなう新しい法体制の創出は,条約改正の前提条件とも関連してフランスをはじめとする西欧近代法制度の継受という形で進められた。このためかかる近代法制度を理解し実際の運用にあたる多くの司法官を養成することが不可欠であった。1871年(明治4)に設置された司法省は,いちはやく同省内に明法寮およびその後身としての司法省法学校(正則科と速成科からなる)を開設し,司法官養成のための本格的な法学教育に着手した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android