コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

司法省法学校 しほうしょうほうがっこう

世界大百科事典 第2版の解説

しほうしょうほうがっこう【司法省法学校】

明治初期の司法省内に設けられた司法官養成のための法学教育機関。明治維新にともなう新しい法体制の創出は,条約改正の前提条件とも関連してフランスをはじめとする西欧近代法制度の継受という形で進められた。このためかかる近代法制度を理解し実際の運用にあたる多くの司法官を養成することが不可欠であった。1871年(明治4)に設置された司法省は,いちはやく同省内に明法寮およびその後身としての司法省法学校(正則科と速成科からなる)を開設し,司法官養成のための本格的な法学教育に着手した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

司法省法学校の関連キーワード国分青【がい】木下 謙次郎ボワソナード秋月 左都夫小宮 三保松秋月左都夫倉富勇三郎水上長次郎河村譲三郎重岡薫五郎小宮三保松富谷鉎太郎山下千代雄手塚 太郎国分 青厓木下哲三郎加藤 恒忠国分三亥大岡育造末弘厳石

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android