コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

司法省法学校 しほうしょうほうがっこう

1件 の用語解説(司法省法学校の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しほうしょうほうがっこう【司法省法学校】

明治初期の司法省内に設けられた司法官養成のための法学教育機関。明治維新にともなう新しい法体制の創出は,条約改正の前提条件とも関連してフランスをはじめとする西欧近代法制度の継受という形で進められた。このためかかる近代法制度を理解し実際の運用にあたる多くの司法官を養成することが不可欠であった。1871年(明治4)に設置された司法省は,いちはやく同省内に明法寮およびその後身としての司法省法学校(正則科と速成科からなる)を開設し,司法官養成のための本格的な法学教育に着手した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

司法省法学校の関連キーワード司法省議官司法官司法官憲司法官庁司法卿司法官試補大原昇黒田越郎鶴丈一郎

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

司法省法学校の関連情報