コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボーイング787ドリームライナー ボーイングななはちななドリームライナー Boeing787 Dreamliner

2件 の用語解説(ボーイング787ドリームライナーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボーイング787ドリームライナー
ボーイングななはちななドリームライナー
Boeing787 Dreamliner

アメリカ合衆国のボーイングが開発した旅客機長距離用の中型ワイドボディ機で,燃料効率の優れたロールス=ロイス・トレント1000またはゼネラルエレクトリックGEnxターボファン・エンジンのどちらか 2基を装備する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

ボーイング787ドリームライナー

米国ボーイング社の開発による中型旅客機、愛称はドリームライナー。2011年、全日本空輸の成田-香港便が初就航。全日空がローンチ・カスタマー(最初に開発・製造に踏み切らせる大口注文主)であることや、同機の部品の3分の1が日本の航空機産業各社から調達されていることなどから、日本の「準国産機」などとも称揚される。787には計画中も含めて、航続距離や胴体の長さ・幅などの異なる4機種がある。このうち、現在(13年2月)就航しているのは長距離用の基本型となる787-8のみである。
1982年に就航した中型双発機ボーイング767は省エネルギー設計、ハイテク仕様で機関士なしの2人乗務ができる機種だが、巡航速度マッハ0.8と遅く航続距離も1万キロメートル程度と、中近距離に対応する設計だった。近年の航空路線の多様化や航空運賃の抑制傾向などを背景に、この767などの後継機種として新たに787が開発された。787は、エンジンなどの一部を除き、機体の大部分を金属から炭素繊維などの複合素材に置き換えることで、機体の強さを増すとともに製造工程の簡素化も図っている。この複合素材は、東レがその全てを供給している。また、主翼は三菱重工業、前部胴体は川崎重工業など、日本のメーカーが重要部分の製造を担当する。ターボファンエンジンを搭載し、巡航速度はマッハ0.85、従来の同クラス機と比較して燃費効率は20パーセントほど向上。中型機ながら航続距離は1万5千キロメートル前後あり、現存する長距離国際路線のほぼ全てについて直行運航が可能である。客席は2通路8席を基本に、座席数は国内など近距離線が約300席、長距離国際線は3クラス200席強となっている。客席の窓を大きくとり、加湿空調を採用するなど、快適性を大幅に向上させたという。また、機体の制御装置などを駆動する油圧系を、従来より減らして大幅な電化を進めたこともその特徴。油圧系配管が電線に置き換わり、軽量化とメンテナンス性の向上が見込める。バッテリーには、小型軽量で大きな電力を得られるリチウムイオン電池が、民間機で初めて採用された。このGSユアサ製造の電池が発火する事故が2013年1月に相次ぎ、日米など各国の航空会社が同機の運航を停止、事故原因の解明が進められている。

(金谷俊秀  ライター / 2013年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボーイング787ドリームライナーの関連キーワードエアバスA380超大型ジェット旅客機エアバスA350-XBW旅客機ボーイング737ボーイング787ソーイング旅客機ボーイング747型機国産旅客機の開発ジャンボ機ヨーイング (yawing)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボーイング787ドリームライナーの関連情報