コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本航空 にほんこうくう Japan Airlines Co., Ltd.; JAL

5件 の用語解説(日本航空の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本航空
にほんこうくう
Japan Airlines Co., Ltd.; JAL

日本を代表する大手航空会社。1951年設立,1953年日本航空株式会社法に基づき特殊法人となり,1954年東京―サンフランシスコ線など国際定期便の運航を開始した。1967年には世界一周路線を開設,1975年日本と台湾を結ぶ航路を分離して日本アジア航空を設立した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

日本航空

日本を代表する航空会社、ナショナルフラッグ・キャリアとして世界各国に路線を持ち、ワンワールド・アライアンスに加盟している。略称JAL国際航空運送協会(IATA)の航空会社コードはJL、正式名称は日本航空株式会社である。1951年に政府主導の半官半民の企業としてスタート2010年1月に会社更生法の適用を申請。稲盛和夫京セラ名誉会長らが経営再建に取り組み、11年3月に会社更生を終了。12年9月には東京証券取引所に再上場を果たした。
日本航空の前身は1951年に設立され、その社章として鶴丸マークが制定された。53年に日本航空株式会社法に基づく特殊会社として日本航空株式会社が発足。87年には同法廃止により完全民営化した。2000年代に入り、利用客の減少や、経営不振に陥った日本エアシステム(JAS)との合併などから業績が低迷し、同社生え抜きの西松遥社長をトップに据え、公募増資子会社売却などで経営再建が進められた。しかし、イラク戦争をきっかけにした燃料費高騰、リーマン・ショックなどの経済情勢の影響から再び業績が悪化。産業再生ADRを活用した自主再建といった私的整理を模索したが、十分な合理化・コスト削減などの再建計画は示せなかった。このため、企業再生支援機構による支援決定とともに会社更生手続きが開始された。
強烈な個性を売りにする稲盛会長(当時)による新体制下で、徹底した合理化が進められ大幅な人員削減や不採算路線からの撤退など、経営再建が大胆な手法で進められた。上場廃止からわずか2年7カ月で再上場、企業再生支援機構は出資した3500億円を大きく上回る約6500億円を回収。経営再建・スピード再上場に稲盛氏の手腕が称賛されたが、その一方で法人税減免など他社との競争条件の不公平京セラが得た巨額の株式売却益、再建途上での強引な人員解雇などについての批判も強い。なお、鶴丸マークはJASとの経営統合により姿を消していたが、11年には新生への願いを込めてほぼ同様の形でロゴマークとして復活した。

(金谷俊秀  ライター / 2012年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日本航空

日本最大の航空会社。51年に設立され、87年に完全民営化した。09年3月期の連結売上高は1兆9511億円、純損失は631億円。同4~6月期も990億円の純損失だった。09年4月末の従業員数(連結ベース)は約4万8千人。資本金は2510億円。09年4月時点で35カ国・地域、220都市に就航する(国内含む)。

(2009-09-12 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

日本航空

正式社名「株式会社日本航空」。英文社名「Japan Airlines Corporation」。空運業。平成14年(2002)「日本航空株式会社」と「株式会社日本エアシステム」が経営統合し「株式会社日本航空システム」設立。同16年(2004)現在の社名に変更。本社は東京都品川区東品川。航空持株会社。子会社に日本航空インターナショナルなど。運航路線網は世界最大級。平成22年(2010)会社更生手続開始にともない上場廃止。東京証券取引所第1部・大阪証券取引所第1部・名古屋証券取引所第1部旧上場。

日本航空

正式社名「日本航空株式会社」。英文社名「Japan Airlines Co., Ltd.」。空運業。昭和26年(1951)「日本航空株式会社」(旧会社)設立。同28年(1953)日本航空株式会社法により「日本航空株式会社」設立、日本唯一の国際線定期航空運送事業免許会社として発足。同62年(1987)完全民営化。平成14年(2002)「株式会社日本エアシステム」と共同株式移転により完全親会社「株式会社日本航空システム」を設立、東京証券取引所・大阪証券取引所・名古屋証券取引所各第1部の上場廃止。同16年(2004)「株式会社日本航空インターナショナル」に改称。同18年(2006)「株式会社日本航空ジャパン」(旧「株式会社日本エアシステム」)を吸収合併。同22年(2010)親会社の「株式会社日本航空」とともに会社更生手続申立。同年親会社を吸収合併。同23年(2011)会社更生手続終結。同年、現在の社名に変更。本社は東京都品川区東品川。航空会社。国際線首位、国内線2位。グローバルアライアンスの「ワンワールド」に加盟。アメリカン航空共同事業。豪カンタス航空格安航空を合弁。東京証券取引所第1部上場。証券コード9201。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本航空の関連キーワードインターナショナルナショナル格安航空会社ナショナルチームフラッグキャリアコードシェアナショナルアドナショナルフラッグキャリアフルサービス航空会社航空会社コード

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本航空の関連情報