コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボーベ地方慣習法書 ボーベちほうかんしゅうほうしょ Coutumes de Beauvaisis

1件 の用語解説(ボーベ地方慣習法書の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ボーベちほうかんしゅうほうしょ【ボーベ地方慣習法書 Coutumes de Beauvaisis】

中世のフランスは,全王国に適用される共通法が存在しておらず,地方的慣習法分立の時代であった。これらの慣習法が公式に編纂されたのは15世紀末以後であるが,すでに13世紀以来,いくつかの私選慣習法書が出現した。《ボーベ地方慣習法書》は,《聖王ルイ法令集》や《いと古きノルマンディー地方慣習法書》と並び,その代表的なものである。著者は,ボーベ地方クレルモン伯領のバイイ(代官)などをつとめ,詩人としても知られるボーマノアールPhilippe de Beaumanoir(1250ころ‐96)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ボーベ地方慣習法書の関連キーワードオイル語オック語ジャージー島テーヌ東フランク王国ベルダン条約原則フランス料理ランブイエ城フランス鼻革 (French-noseband)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone