コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボーマ

2件 の用語解説(ボーマの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ボーマ

コンゴ民主共和国西部の河港都市。コンゴ川河口から約100km,キンシャサの南西約300kmにある。木材,バナナコーヒーカカオなどを輸出する。北方チェラへ鉄道が通ずる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ボーマ【Boma】

アフリカ中部,コンゴ民主共和国(旧,ザイール)西部の河港都市。人口13万5000(1994)。コンゴ川河口から96km上流の北岸にあり,より上流のマタディに次ぐ貿易港で,鉄道の起点であり,車両や船舶の修理工場がある。おもな輸出品は木材,バナナ,ヤシ油など。コンゴ河口に白人が建設した最初の町で,奴隷輸出港として発達した。1886年ベルギー国王の私領コンゴ自由国の主都となり,1908‐26年までベルギー領コンゴの主都であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ボーマの関連キーワードコンゴ川コンゴ盆地バンギベンゲラマウンテンゴリラザイールコンゴシャバリンガラミュージック

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボーマの関連情報