ボールベアリング

デジタル大辞泉の解説

ボール‐ベアリング(ball bearing)

回転軸との間に金属球を入れ、その転がりによって摩擦を小さくする軸受け。球(たま)軸受け。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ボールベアリング【ball bearing】

回転軸と軸受けとの摩擦を少なくするために、間に鋼鉄の玉を入れたもの。球軸受け。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のボールベアリングの言及

【軸受】より

潤滑
[ころがり軸受]
 ころがり軸受は二つの軌道輪(内輪,外輪など)の間で,転動体(玉またはころ)が保持器とともに一つのまとまった部品となっている(図4)。転動体が玉であるかころであるかにより玉軸受(ボールベアリングball bearing),ころ軸受などと呼ばれる。ころがり軸受には多くの型式,種類があるが,通常,JISなどの規格に従って各種のものが大量生産される。…

※「ボールベアリング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ボールベアリングの関連情報