ポアチエ(英語表記)Poitiers

デジタル大辞泉の解説

フランス南西部、ヌーベル‐アキテーヌ地方、ビエンヌ県の都市。同県の県都で、クラン川沿いに位置する。古くからポアツー地方の行政、文化、商業の中心として発展。8世紀にフランク王国がイスラム勢力を破ったツールポアチエの戦いや、14世紀の百年戦争においてイギリス軍がフランス軍を破ったポアチエの戦いなどで知られる。4世紀のサンジャン洗礼堂、12世紀のノートルダムラグランド教会をはじめ、ポアツーロマネスク様式の歴史的建造物が多く、15世紀創設のポアチエ大学がある。ポワティエ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フランス中西部、ビエンヌ県の県都。人口8万3448(1999)。パリの南西329キロメートル、クラン川に臨む。旧ポアトゥー州の州都で、司教座、控訴院、大学が置かれている。この地方の行政、文化、商業の中心地であるとともに、歴史的な建造物が多いことから観光地ともなっている。従来は農畜産物の集散地であったが、電気機械、ゴム、機械、印刷、窯業などの工業が発展している。

[高橋伸夫]

歴史

ガロ・ローマ時代にリモーヌムとよばれ、4世紀には主要な司教座都市となった。12世紀にイギリス王領に吸収されたが、王妃アリエノール・ダキテーヌは夫王と別居して当地に宮廷をつくり、「恋愛法廷」を開き騎士文化のサロンを築いた。百年戦争初期、英仏両軍が激突したポアチエの戦い(1356)の戦場は、当市南東のモーペルチュイMaupertuisの台地である。宗教改革時代には、新旧両教徒の流血の衝突がみられたが、古くからカトリック信仰の拠点であった。サン・ジャン洗礼堂(4世紀)、ノートル・ダム・ラ・グランド寺院(12世紀)など、ポアトゥー・ロマネスク様式の教会建築が多い。

[千葉治男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android