ポカラ盆地(読み)ポカラぼんち(英語表記)Pokhara Valley

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポカラ盆地
ポカラぼんち
Pokhara Valley

ネパール中央部の盆地。カトマンズ盆地に次いで大きい。標高約 700m。やや熱帯性の気候で,水稲,トウモロコシ,サトウキビ,バナナ,マンゴー,パパイヤ,オレンジなどを栽培する。この盆地はヒマラヤ山脈にきわめて近接し,標高 7000~8000m級のダウラギリ山,アンナプルナ山,マチャプチャリ山が目前に一大パノラマを展開している。盆地内にはポカラの市場町,空港,湖があり,湖では漁業が行われている。住民はグルカー族が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のポカラ盆地の言及

【ポカラ】より

…人口2万0611(1971)。ミカンなどの果物の産地であるポカラ盆地(標高約830m)の西部に位置する。従来,商業の中心地で,近郊あるいはチベット圏からも人々をひきつけてきた。…

※「ポカラ盆地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android