コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポソシコフ ポソシコフ Pososhkov, Ivan Tikhonovich

2件 の用語解説(ポソシコフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポソシコフ
ポソシコフ
Pososhkov, Ivan Tikhonovich

[生]1652
[没]1726.2.1. ペテルブルグ
ロシアの経済学者,社会評論家。銀細工師の家庭に生れ,1724年有名な『貧富の書』 Kniga o skudosti i bogatstveを著わした。これはロシアの経済・政治制度の改革を目指して,ピョートル1世 (大帝) のために書かれたものであった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ポソシコフ【Ivan Tikhonovich Pososhkov】

1652‐1726
ピョートル大帝時代のロシアの経済学者,評論家。銀細工職人の家に生まれ,独学でロシアの社会経済改革を論じ,晩年にはブドウ酒製造業,麻布工場の経営を手がけた。ピョートル大帝の改革を支持し,《窮貧と富についての書》(1724)などの建白書を著してロシアの軍隊の近代化,国民教育の実施,法制の整備,経済政策の改善などの必要を主張した。その改革案のため逮捕され,最後は獄死したが,思想的には保守的な面も強く,ロシア正教を擁護し,農奴制も容認していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ポソシコフの関連キーワードピョートル大帝湾大帝ピョートルポシェットエカチェリーナピョートル一世島大帝ピョートルI世エカチェリナ[1世]竹本洋ピョートル[3世]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone