コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポテンツァ Potenza

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポテンツァ
Potenza

イタリア南部,バジリカータ州州都。ポテンツァ県の県都でもある。ナポリ東南東約 135km,バゼント川にのぞみ,標高 823mの丘上を占める。古くはポテンティアと呼ばれ,丘陵のさらに低い土地まで占め,アッピア,ポピリアなどのローマ軍道が通じていたが,略奪や震災を受け,高位置へ移った。 1694,1857,1910年と 80年 11月には地震により被害を受けた。農業地域の集散地で,南部イタリアの代表的な都市。食品,木材,煉瓦工業が行われる。 18世紀再建の大聖堂や古代博物館がある。人口6万 5603 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ポテンツァ【Potenza】

イタリア南部,バジリカータ州の州都で同名県の県都。人口6万8500(1990)。標高819mの地にあり,農産物の集散地。ローマ時代に起源をもつといわれ,ランゴバルド族のベネベント公国,のちサレルノ公国領となる。シチリア王国,ナポリ王国を経て,両シチリア王国領下の1848年,60年にはブルボンに反旗をひるがえしイタリア統一を要求した,半島部では最初の都市として名高い。【望月 一史】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポテンツァ
ぽてんつぁ
Potenza

イタリア南部、バジリカータ州の州都。人口6万9295(2001国勢調査速報値)。ルカニア・アペニン山脈中、バゼント川上流沿いの標高823メートルに位置する。元来、粗放的な農業地帯の中心地であったが、1950年代以降、機械、プラスチック、セメント、大理石の製造が活発化し、また都市化も著しく進展した。紀元前2世紀ローマ人によって建設された。紀元後5世紀以来、司教座が置かれている。[堺 憲一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ポテンツァの関連キーワードバジリカータ[州]イタリック語派グルメンツムシニズガッリマチェラタマテーラメルフィベノザ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android