コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポポロ ポポロpopolo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポポロ
popolo

イタリア語で人々の意。 13世紀イタリアにおけるコムーネの政治機構で重要な役割を演じた市民団体の一つ。貿易や金融業で台頭してきた都市の富裕な商人たちがコムーネを支配する封建貴族に対抗するために,地域的あるいは職業的 (ギルド) に団結してポポロを形成。そこにアンツィアーニ Anziani (長老) と呼ばれる実力者の評議会を設け,カピターノ・デル・ポポロを議長とし,ときには独自の軍事組織,執行部,法令をもち,コムーネの行政,軍事,外交政策に圧力をかけた。なお中世の年代記作者や近代の歴史家のいう popolo grasso (太ったポポロ) とは,実権を独占していた豪商たちを意味し,popolo minuto (小さいポポロ) とは,政治参加を許されなかった一般商人,ときには賃金労働者を意味する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ポポロ

株式会社麻布台出版社が発行する女性ヤング誌。おもにジャニーズ事務所に所属するタレントに関する情報を紹介。毎月23日発売。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典内のポポロの言及

【コムーネ】より

…ポデスタ制は,その後もコムーネ体制の続くかぎり都市国家の基本的な枠組みとして存続した。一方,政治から排除されていた商人や手工業者が13世紀中に台頭し,自衛団体であるポポロを結成し,ポデスタを長とするコムーネに対抗した。やがてポポロは,ポデスタを模倣したカピターノ・デル・ポポロ(ポポロの長)を頂点とする〈コムーネのなかのコムーネ〉となった。…

※「ポポロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ポポロの関連キーワードサンソビーノ(Andrea Sansovino)サンタマリアデルポポロ教会ポポロ・ディタリアバルジェロ美術館サンジミニャーノモンタルチーノキージ家礼拝堂東大ポポロ事件チステルナ広場ピントリッキオイタリア人民党ピントリッキョドゥオーモ広場ピンチョの丘お笑いポポロサンソビーノムッソリーニ河村 大助ポポロ広場横田喜三郎

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ポポロの関連情報