コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポリスキアス ポリスキアス Polyscias

3件 の用語解説(ポリスキアスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポリスキアス
ポリスキアス
Polyscias

ウコギ科ポリスキアス (タイワンモミジ) 属の総称。ポリシャスまたは旧属名のアラリア Araliaの名で呼ばれることも多い。東南アジアポリネシアなどの熱帯に約 80種が分布。常緑小高木または低木で,葉に独特の芳香がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ポリスキアス【Polyscias】

ウコギ科タイワンモミジ属Polysciasの植物。熱帯アジア~ポリネシアに約80種があり,多くは常緑低木である。アラリアAraliaの名で呼ばれることが多い。鉢物としての利用は少なく,観賞温室などでみられるのは,ポリスキアス・バルフォウリアナP.balfouriana Baileyの園芸品種で,長円形葉に白斑の入るフクリンアラリアcv.Marginata,葉全体が黄色をおび,葉脈が白黄色となるペンノッキイcv.Pennockiiと,オオバアラリアP.guilfoylei (Bull) Baileyの園芸品種で,葉先が細くとがり,細い白覆輪で鋸歯縁となるシダレアラリアcv.Laciniata,さらに小型種で,小葉の切れ込みも多く,葉の柔らかいキレハアラリアcv.Victoriaeなどである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポリスキアス
ぽりすきあす
[学]Polyscias

ウコギ科の不耐寒性常緑小高木または低木。園芸界では旧属名のアラリアAraliaの名でよばれることが多い。東南アジアから南太平洋諸島の熱帯に80種分布する。このうち約10種が観葉植物として利用される。全株に独得の芳香があり、料理に使うほか、熱帯地方では庭園樹や生け垣として利用される。葉幅の広いバルフォリアーナP. balfouriana L.H.Bailey の斑(ふ)入り種、キレハアラリアP. filicifolia L.H.Bailey の黄葉品種、ホソバアラリアP. fruticosa Harmsなどが、観葉鉢物として賞用されている。[植村猶行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポリスキアスの関連キーワードウコギ科草紅葉紅葉鯛もみじ川温泉もみじ台緑地もみじ饅頭もみじゅワンモアタラの芽タイワンモミジ属

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone