コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポリスキアス Polyscias

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポリスキアス
Polyscias

ウコギ科ポリスキアス (タイワンモミジ) 属の総称。ポリシャスまたは旧属名のアラリア Araliaの名で呼ばれることも多い。東南アジアやポリネシアなどの熱帯に約 80種が分布。常緑小高木または低木で,葉に独特の芳香がある。葉は羽状複葉であるが,幼苗期は単葉のものもある。3出複葉と単葉が入り混り,幹の下部から頂部まですきまなく葉がつくポリスキアス・バルフォリアナ P.balfourianaには`フクリンアラリア'や`ペノッキー'などの品種がある。ほかにキレハアラリア P.filicifoliaやポリスキアス・パニクラータ P.paniculata,ホソバアラリア (タイワンモミジ) P.fruticosaなど,さまざまな葉形のものが栽培され,観葉植物として鉢植えが流通する。高温多湿を好む。夏は半日陰におき,冬はなるべく日に当てる。越冬には 10℃以上が必要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ポリスキアス【Polyscias】

ウコギ科タイワンモミジ属Polysciasの植物。熱帯アジア~ポリネシアに約80種があり,多くは常緑低木である。アラリアAraliaの名で呼ばれることが多い。鉢物としての利用は少なく,観賞温室などでみられるのは,ポリスキアス・バルフォウリアナP.balfouriana Baileyの園芸品種で,長円形葉に白斑の入るフクリンアラリアcv.Marginata,葉全体が黄色をおび,葉脈が白黄色となるペンノッキイcv.Pennockiiと,オオバアラリアP.guilfoylei (Bull) Baileyの園芸品種で,葉先が細くとがり,細い白覆輪で鋸歯縁となるシダレアラリアcv.Laciniata,さらに小型種で,小葉の切れ込みも多く,葉の柔らかいキレハアラリアcv.Victoriaeなどである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポリスキアス
ぽりすきあす
[学]Polyscias

ウコギ科の不耐寒性常緑小高木または低木。園芸界では旧属名のアラリアAraliaの名でよばれることが多い。東南アジアから南太平洋諸島の熱帯に80種分布する。このうち約10種が観葉植物として利用される。全株に独得の芳香があり、料理に使うほか、熱帯地方では庭園樹や生け垣として利用される。葉幅の広いバルフォリアーナP. balfouriana L.H.Bailey の斑(ふ)入り種、キレハアラリアP. filicifolia L.H.Bailey の黄葉品種、ホソバアラリアP. fruticosa Harmsなどが、観葉鉢物として賞用されている。[植村猶行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ポリスキアスの関連キーワードポリスキアス・バルフォウリアナ

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android