ポリセントリズム

精選版 日本国語大辞典「ポリセントリズム」の解説

ポリセントリズム

〘名〙 (polycentrism) 国際共産主義運動はソ連中心でなく、各国共産党が提携しながらそれぞれ自主的に運動を展開すべきだとする主義スターリン死後、一九五六年イタリア共産党書記長トリアッティ主張から生まれたもの。多極主義。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ポリセントリズム」の解説

ポリセントリズム(polycentrism)

国際共産主義運動の中心をソ連一国に限定せず、各国の共産党の自主路線を尊重し、複数であるべきだとする考え方。スターリン死後の1956年、イタリア共産党のトリアッティが提唱。多中心主義。多極主義。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android