コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポリュデウケス

世界大百科事典 第2版の解説

ポリュデウケス【Polydeukēs】

2世紀ころのギリシアの修辞家,学者。ラテン名ポルクスJulius Pollux。生没年不詳。エジプトのナウクラティス出身。ローマ皇帝コンモドゥスの愛顧を受け,178年ころアテナイの学院の修辞学教授に任命され,死去するまでその職にあった。10巻の辞典《オノマスティコン》を編纂した。伝存のものは,900年ころのカエサレアの大主教アレタス所有の不完全で書込みの多い縮約版の写しである。この辞典は当時流行をみたアッティカ擬古文主義の作文用語集である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のポリュデウケスの言及

【ディオスクロイ】より

…ギリシア神話の双子の兄弟,カストルKastōrとポリュデウケスPolydeukēs(ラテン語ではポルクスPollux)のこと。しばしば兄弟愛の典型とされる。…

※「ポリュデウケス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ポリュデウケスの関連キーワードカストルとポリュデウケスふたご座(双子座)テュンダレオスポルックスカストルLeda神殿の谷イダスレダ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android