愛顧(読み)アイコ

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)目をかけ引き立てること。引き立てられる側からいう語。ひいき。「今後ともいっそうの御愛顧を賜りますよう」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
ひいきにすること。目をかけること。多く「御愛顧」の形で、目をかけられる側が用いる。 永年の御-に感謝いたします 雲野通路の名は益々世上の-する所とはなりぬ/もしや草紙 桜痴

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 商人や芸人、あるいは目下の者をひいきにし、ひき立てること。かわいがってよくめんどうをみること。多くひいきされる側から言う。
※権記‐長保三年(1001)二月四日「依彼外家之縁愛顧」
※人情本・清談松の調(1840‐41)四「料らず婦女子の愛顧(アイコ)を被り」 〔楊脩‐答臨淄侯書〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愛顧の関連情報