コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポーランド領上部シレジアのドイツ人権益事件 ポーランドりょうじょうぶシレジアのドイツじんけんえきじけん Certain German Interests in Polish Upper Silesia

1件 の用語解説(ポーランド領上部シレジアのドイツ人権益事件の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポーランド領上部シレジアのドイツ人権益事件
ポーランドりょうじょうぶシレジアのドイツじんけんえきじけん
Certain German Interests in Polish Upper Silesia

シュレジエン (シレジア) をめぐるドイツポーランド間の争い。第1次世界大戦の戦後処理をめぐりドイツとポーランドの間に生じた一連の紛争のうち常設国際司法裁判所に付託されたものの一つ。 1925年ドイツは,ポーランドが条約に違反して工場財産や農地を収用しまたは収用する意図をもっているとして提訴した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポーランド領上部シレジアのドイツ人権益事件の関連キーワード七年戦争シュレジエンシュレジエン戦争シレジアキャッシュレジスターテレージエンシュタットシュレジエン織工一揆上シュレジエン下シュレジエンシュレジエン炭田

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone