コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイエスタス・ドミニ Majestas Domini

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マイエスタス・ドミニ
Majestas Domini

キリスト教美術の主題。神,皇帝のような高位の人物の威容を意味したが,マイエスタス・ドミニ (主の栄光) として,世界の終末時におけるイエス・キリストの出現の図像をさす。旧約の黙示文学 (『エゼキエル書』『イザヤ書』『ダニエル書』など) を出発点としつつも,新約の『ヨハネの黙示録』 (特に第4章) のキリスト出現の記事により,玉座に坐したキリストは大型の光輝く光輪に包まれ,四福音書の象徴である4つの生物 (テトラモルフ) に囲まれている。このほかに天使,預言者たちが従い,ときに 24人の長老が配される (シャルトル,西正面タンパン浮彫,12世紀など) 。イタリア語でマエスタ Maestaというときは,特に玉座に坐する聖母子像を中心とし,天使,聖人などが両脇に侍する図像をさす。この図像は 1260年,シエナ市が聖母の庇護のもとにあることを宣したのに機を得て作られたといわれる。作例はドゥッチオ,シエナ大聖堂宝物館蔵 (1308~11) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android