コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイクロサージェリー マイクロサージェリーmicrosurgery

翻訳|microsurgery

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マイクロサージェリー
microsurgery

手術用顕微鏡を用いて,微細で肉眼的には困難な個所に行う手術をいう。 1921年にイヌ内耳で実験的手術が行われたのが最初である。その後,主として耳鼻科で行われ,次いで眼科領域に導入された。脳外科では,57年に聴神経鞘腫の手術に用いられたのを初めとして,脳の微小血管吻合など,マイクロサージェリー独特の手術も行われるようになった。近年,脳神経外科手術の成績が向上したが,その要因の一つといえる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のマイクロサージェリーの言及

【耳鼻咽喉科】より

… 耳には音を伝える鼓膜,耳小骨,音を感じる蝸牛のほかに平衡機能をつかさどる耳石器,半規管があり,その障害は難聴,めまい,ふらつきなどを起こす。耳科学の診療には手術用顕微鏡は不可欠で,鼓膜形成術,耳硬化症に対するあぶみ骨手術など,中耳伝音系を修復再建し,聴力改善をはかる手術,聴神経腫瘍に対する手術など,顕微鏡手術(マイクロサージェリー)が行われている。 鼻科領域では外鼻,鼻腔,副鼻腔の疾患が扱われ,炎症,アレルギー,外傷,腫瘍などがある。…

※「マイクロサージェリー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マイクロサージェリーの関連キーワード脳腫瘍の手術法がんの外科療法脊髄血管障害内耳窓閉鎖術乳房再建術超微小外科顕微手術ルーペ

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マイクロサージェリーの関連情報