コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイクロ波散乱計 マイクロはさんらんけいmicrowave scatterometer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マイクロ波散乱計
マイクロはさんらんけい
microwave scatterometer

人工衛星に搭載し,電波エネルギーのパルス発振,物体表面での後方散乱の信号を受信して,表面の状態を調べる機器。海洋のリモートセンシングでは,海面凹凸を測定することから,この凹凸を引き起こす海上の推定に使用される。人工衛星の4本の固定アンテナからは,4方向にパルス状のマイクロ波が発振する。海面上の凹凸は風向風速に依存するので,2方向から後方散乱強度を調べることで,風向・風速を決める。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マイクロ波散乱計の関連キーワード海洋観測衛星シーサット衛星海洋学

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android