コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイゼンブーク Malwida Freiin von Meysenbug

世界大百科事典 第2版の解説

マイゼンブーク【Malwida Freiin von Meysenbug】

1816‐1903
ドイツの婦人運動家,文筆家。ヘッセン・カッセルの枢密顧問官を父としてカッセルに生まれ,1834年デトモルトに移住。その地の牧師の子息で,当時ボン大学のキンケルのもとで学んでいたアルトハウスTheodor Althaus(1822‐52)との出会いを契機として民主主義思想に傾倒する。48年革命期には直接の行動はしなかったものの,その行方を熱いまなざしで見つめる。革命の敗北後は50年ハンブルクへ赴き,同地で自由信仰教会派Freie GemeindeがF.W.A.フレーベルの教育理念に基づいて創設した〈女子大学〉の教師となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

367日誕生日大事典の解説

マイゼンブーク

生年月日:1816年10月28日
ドイツの女流作家
1903年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内のマイゼンブークの言及

【ニーチェ】より

…ワーグナーとの友情の決裂であり,ここまでが通常ニーチェの思想的発展の初期とされている。
[アフォリズム群]
 この1876年の冬ニーチェは病気のゆえに大学を休み,友人や,以前から知り合いの女性解放論者マイゼンブークとともにイタリアに行き,後に彼の思索に重要な役を占める地中海世界とラテン的な文化風土を知る。やがて彼の哲学のスタイルとなるアフォリズム(断想)を書きため出したのもこのころである。…

※「マイゼンブーク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マイゼンブークの関連キーワードロラン(Romain Rolland)ヘッセン・カッセル生年月日ザロメ