コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイナマティ遺跡 マイナマティいせき Mainamati

1件 の用語解説(マイナマティ遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マイナマティ遺跡
マイナマティいせき
Mainamati

バングラデシュ,コミラの西 8kmの丘陵にある7~12世紀の仏教寺院などの遺跡群。 1955年からパキスタン考古局が調査。最も重要なのは入口を北にもつ正方形の仏教寺院址カルバンビハーラで,中央に最初のプランが十字形の祠堂,周囲にストゥーパ,小祠堂,食堂があり,囲壁の内側に僧房が並んでいる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マイナマティ遺跡の関連キーワードバングラデシュウッタルプラデシュミラーサングラスアンドラプラデシュヒマチャルプラデシュバングラデシュの与野党対立ロヒンギャ族イスラマーバード(バングラデシュ)人民党(バングラデシュ)バングラデシュ民族党

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone