コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マインホーフ Meinhof, Carl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マインホーフ
Meinhof, Carl

[生]1857.4.23. ポンメルン,バルツウィツ
[没]1944.2.10. グライフスワルト
ドイツの言語学者。ハンブルク大学教授。アフリカの言語,特にバンツー諸語の比較言語学的研究を確立し,アフリカ諸語研究の基礎を築いた。主著『バンツー諸語比較文法提要』 Grundzüge einer vergleichenden Grammatik der Bantusprachen (1906) 。

マインホーフ
Meinhof, Ulrike

[生]1934.10.7. オルデンブルク
[没]1976.5.9. シュツットガルト
1970年代の西ドイツの過激派ゲリラの女性リーダー。「バーダー=マインホーフ・グループ」の中心的存在。学生時代から活動家として注目を集め,左翼誌の編集長と結婚,2児の母。西ベルリンで A.バーダーと知合い,都市ゲリラが資本主義社会打倒に効果的であるとの説に共鳴し,中東でゲリラ戦術を学んだのち西ドイツでゲリラ活動を展開。 68年4月フランクフルトで商店2軒に放火,逮捕されたが保釈期間中に地下に潜行,72年6月ハノーバー空港で逮捕され,懲役刑を言い渡され服役中,シュツットガルト刑務所で自殺。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マインホーフの関連キーワードスーダン諸語

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android