コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マガディ[湖] Lake Magadi

世界大百科事典 第2版の解説

マガディ[湖]【Lake Magadi】

アフリカ東部,ケニア南西部にある塩湖。面積約100km2。首都ナイロビの南西約80km,アフリカ大地溝帯のなかに位置する。天然ソーダが採掘され,埋蔵量は1億tとも2億tともいわれる。ここの天然ソーダを精製して得られるソーダ灰(炭酸ナトリウム)はマガディ灰と呼ばれ,大正時代に一時日本に大量に輸出されたことがある。東岸にマガディの町がある。【内山 正邦】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のマガディ[湖]の言及

【天然ソーダ】より

…採掘,焙焼,水溶解,再結晶などの精製工程を施して,炭酸ナトリウムを製造する。ケニアのマガディ湖はソーダ湖として有名で,1904年に発見され,トロナ埋蔵量2億tといわれた。古くから小規模の炭酸ナトリウム生産が行われている。…

※「マガディ[湖]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android