フラミンゴ(読み)ふらみんご(英語表記)flamingo

翻訳|flamingo

日本大百科全書(ニッポニカ)「フラミンゴ」の解説

フラミンゴ
ふらみんご
flamingo

フラミンゴ目フラミンゴ科に属する鳥の総称。この科Phoenicopteridaeの仲間は、世界の熱帯を中心に分布し、3属4種6亜種がある。頸(くび)が体に比べて異常に長くて細く、足も長く足指には水かきがある。足の長い点がツルに似ており、体に紅色を帯びているところからベニヅルともよばれる。風切(かざきり)は黒い。(くちばし)はくの字に曲がった独特の形をし、構造が一般の鳥と逆で、下嘴が固定されて上嘴が蓋(ふた)のようにかぶさって動く。(えさ)をとるときには頭を垂れて、先端が後方に向くようなかっこうで嘴を水中や泥の中に浸す。嘴やの両側は(くし)状になっており、上嘴と舌を動かして口の中の泥水を濾過(ろか)し、藻類やプランクトンを食べる。飛ぶときは長い頸と足を前後に伸ばし、短めの翼を小刻みに羽ばたいて直線的に飛ぶ。泥性の岸や干潟に群れをつくってすみ、繁殖期にも集団でいる。は泥を積み上げて臼(うす)状につくり、ここに1個の卵を産む。

 いちばん大形のオオフラミンゴPhoenicopterus ruber roseusは、南フランス、中央アジア、アフリカに分布し、翼長約1.9メートル。体は白くて翼は紅色。南フランスのカマーグは、オオフラミンゴの繁殖地の北限として有名である。ベニフラミンゴP. r. ruberは西インド諸島とガラパゴス諸島に分布し、オオフラミンゴと同種の別亜種とされるが、体の紅色はずっと濃い。チリフラミンゴP. r. chilensisは南アメリカの温帯に分布し、これもオオフラミンゴと同種であるが、体がやや小さく淡紅色。この種は日本でも多く輸入され、公園や動物園でよく飼われている。また逃げ出したものが、海岸や湖沼でときどき記録される。コフラミンゴPhoeniconaias minorはアフリカ、ペルシア湾、インド北西部に分布し、小形で体は淡紅色。アフリカでは数百万羽という大群で生活している。アンデスフラミンゴPhoenicoparrus andinusはアンデス山脈に分布し、足は黄色で後指がない。ジェームスフラミンゴPhoenicoparrus jamesiはボリビア、チリに分布する小形種である。

[高野伸二]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「フラミンゴ」の解説

フラミンゴ

〘名〙 (flamingo) フラミンゴ科の鳥の総称。五種がアフリカ、南欧、中央アジア、アメリカ熱帯地方に分布する。と足が非常に細長く、足には水かきがあり、奇妙な形の嘴を持つ。羽色はふつう淡赤色で、種類によって濃淡がある。汽水やアルカリ性の湖にすみ、浅い泥上に増殖する微小な藻類や小動物を、下に曲がった嘴を使って漉(こ)し分けて食べる。集合性が強く、時に何十万羽の群れになる。フラミンゴ科だけでフラミンゴ目をなすが、系統的にはカモ目とコウノトリ目の両方に類縁があると考えられ、分類上の位置は一定しない。べにづる。
※旅日記から(1920‐21)〈寺田寅彦〉七「紅鶴(フラミンゴ)の群が一杯居る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「フラミンゴ」の解説

フラミンゴ
Phoenicopteridae; flamingos

フラミンゴ目フラミンゴ科の鳥の総称。ベニヅルともいう。6種からなり,全長 70~120cm。頸とが非常に長く,羽色赤みのあるオレンジ色ないし淡いピンク色である。下方に曲がった特殊な形をし,長い首を垂れて水面につけると曲がった先が水面と水平になる。合わせ目の縁は櫛状になっていて,舌をポンプピストンのように動かしてプランクトンなどを水と一緒に吸いこんでからその櫛でこしとって食べる。ヨーロッパ南部やアフリカインド西部,カリブ海地方,南アメリカ南部などに分布する。大きな湖沼に群れをつくってすみ,群れが 100万羽をこす種もある。巣は湿地に土を盛り上げてつくる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「フラミンゴ」の解説

フラミンゴ

ベニヅルとも。フラミンゴ科の鳥の総称。フラミンゴ科は3属5種。動物園には米大陸の熱帯・亜熱帯に分布する紅色のベニイロフラミンゴ,小型で薄桃色のコフラミンゴ等がよく飼われる。体は大型でピンク色か赤色を帯びる。南欧,中央アジア,アフリカに分布し,水辺に群生。泥地に土を積んで巣とする。食物はおもに水中のプランクトンや藻類で,くちばしには細かい櫛の歯状のろ過器があり,長い頸を曲げ,上のくちばしを下側にして,水とともに口に入った餌をとる。
→関連項目ツル(鶴)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「フラミンゴ」の解説

フラミンゴ(flamingo)

フラミンゴ目フラミンゴ科の鳥の総称。全身淡紅色で、首と脚が長く、くちばしは「く」の字形に曲がり、上くちばしを動かして水中からえさを濾(こ)して食べる。アフリカ・インド・南アメリカなどの熱帯地方に6種ほどが分布、大群海岸や湖にすむ。紅鶴(べにづる)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「フラミンゴ」の解説

フラミンゴ【flamingo】

コウノトリ目フラミンゴ科Phoenicopteridaeの鳥の総称。この科は3属5種よりなり,新旧両世界の温帯,熱帯に分布している。全長80~130cm。くちばしから足の先まで測ると1~2mもある大型の渉禽(しようきん)で,くびと脚が非常に長い。体重は2.5~3kg。羽色は体の大部分がピンクか赤色で(色がうすいと白色に近くなる),風切羽は黒い。フラミンゴ類の最大の特徴は,ぶ厚いくちばしと独得の餌のとり方である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android