コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフリカ大地溝帯 アフリカだいちこうたいAfrican Rift Valley

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アフリカ大地溝帯
アフリカだいちこうたい
African Rift Valley

世界最大の地溝。グレートリフトバレー,大地溝帯ともいう。幅約 50~60km,全長約 6400kmにわたり,北は西アジアのヨルダン地溝帯から南はモザンビークマプト湾(ローレンソマルケス湾)にいたる。東帯と西帯に分かれ,東帯はヨルダン峡谷から紅海エチオピア高原のアファール陥没地域,トゥルカナ湖ルドルフ湖),ナイバシャ湖ナトロン湖マニャラ湖マラウイ湖(ニアサ湖)を経てマプト湾まで及ぶ。西帯はモブツセセセコ湖アルバート湖),エドワード湖キブ湖タンガニーカ湖ルクワ湖を擁する。モブツセセセコ湖からは北にアルバートナイル川が流れ,南にはザンベジ川の支流シーレ川がマラウイ湖からインド洋に注ぐ。陥没の影響によりアビシニアの溶岩台地,ケニア山キリマンジャロ山メルー山,ムベヤ山(以上東帯),ルウェンゾリ山,ムハブラ山(西帯)などの火山が噴出し,一大火山帯を構成している。プレートテクトニクス説によると,ここにプレートの湧出口を生じ,マントル対流によってアフリカ大陸が東西に裂かれているとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アフリカ大地溝帯【アフリカだいちこうたい】

東アフリカ・リフト帯中を南北につらなる地溝群。アフリカ東部で2列になって,北はエチオピアのエチオピア高原から,南はモザンビーク海峡南部に至る延長6000km。個々の地溝の幅は35〜50kmで,ビクトリア湖をはじめ多くの湖をたたえる。
→関連項目アフリカエチオピア高原紅海世界地溝系トゥルカナ[湖]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アフリカだいちこうたい【アフリカ大地溝帯 African Great Rift Valley】

アフリカ東部のエチオピア,ケニアウガンダコンゴ民主共和国ルワンダブルンジタンザニアマラウィ,モザンビークなど各国の高地を南北に切る幅30~60km,長さ数千kmの細長いくぼ地。東西両側壁は正断層から成る。地溝帯の中にも多くの正断層があり,いくつもの深い湖をつくっている。地溝帯の南部はマラウィ湖から南下し,ザンベジ河口からインド洋に面している。その北はビクトリア湖を囲んで東西に二分し,東はケニア,エチオピアの台地を切ってアファル低地から紅海にぬける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アフリカだいちこうたい【アフリカ大地溝帯】

西アジアからアフリカ大陸の東部にかけて、南北に走る世界最長の断層陥没地帯。死海・紅海を経て、エチオピアからモザンビークに達し、東西の二列からなる。数百メートルから二千メートルにおよぶ比高があり、三〇の湖と二〇の火山が連なり、大陸が裂けて東西に開きつつある大きな割れ目。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アフリカ大地溝帯
あふりかだいちこうたい
African Great Rift Valley

シリアのヨルダン川の谷から、死海、アカバ湾、紅海、エチオピア高原を抜け、ケニア、タンザニア、マラウイ、モザンビークへ続く断層による谷状の凹地列。狭義には東アフリカを南北に連なるものをいい、東・西の2列からなる。東のケニア側のものを単にリフト・バレー、または命名者グレゴリーにちなみグレゴリー・リフト・バレーとよび、地溝底にはナクル、ナイバシャ、マガジなどの湖が点在する。ビクトリア湖の西側のものを西リフト・バレーといい、アルバート、エドワード、タンガニーカ、ルクワの湖が分布する。西リフト・バレーのモザンビーク側への延長部をニアサ・リフト・バレーとよび、地溝底にマラウイ湖(ニアサ湖)がある。これらリフト(地裂の意)の形成は、プレートテクトニクス理論による動く海洋底としての、海嶺(かいれい)の成因と深いかかわりをもっていると考えられる。現在も活発な正断層型の地震活動と火山活動が続いており、測量でも東西方向の伸長が観測されている。すなわち、アフリカプレートはこの地溝帯によって裂けつつある。なお、「リフト・バレー」はケニア中西部の地方名称にもなっている。[堀 信行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアフリカ大地溝帯の言及

【インド洋】より

…同海流は南極大陸氷河を生じ,海底に厚いケイ質軟泥を積もらせるもととなった。カールズバーグ海嶺の北西端はオーエン断裂帯で切られるが,その延長はアデン湾を経て紅海とアフリカ大地溝帯に至り,そこでは現在拡大中であると考えられている。
[海底資源]
 紅海中央部では1960年代に重金属を大量に含む泥が発見され,亜鉛,銅,銀に富んだ熱水鉱床として注目されている。…

※「アフリカ大地溝帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アフリカ大地溝帯の関連キーワードブウィンディ原生国立公園マサイマラ国立保護区バベル・マンデブ海峡タンガニーカ[湖]ニーラゴンゴ[山]ンゴロンゴロ噴火口エドワード[湖]ホミニゼーションアルバート[湖]ルウェンゾリ山地トゥルカナ[湖]マラウィ[湖]マガディ[湖]アルカリ栄養湖エルゴン[山]大洋中央海嶺コンゴ盆地ソマリ半島キブ[湖]ブラード

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android