マクシミリアン・フランツ・J.C. ウォルフ(英語表記)Maximilian Franz Joseph Cornelius Wolf

20世紀西洋人名事典の解説

マクシミリアン・フランツ・J.C. ウォルフ
Maximilian Franz Joseph Cornelius Wolf


1863.6.21 - 1932.10.3
ドイツの天文学者。
元・ハイデルベルク大学教授,元・ハイデルベルク天文台長。
ハイデルベルク生まれ。
学位取得後、ストックフォルムのオボ大学で学ぶ。幼少の頃から天文学に興味を持ち、私設天文台で観測を行った。1893年にハイデルベルク大学で天文講師となる。1901年ハイデルベルク大学天文教授、1919年ハイデルベルク天文台長を終生、勤務する。1891年から1932年の間に225個の小惑星を発見した。星雲の研究で暗黒星雲も発見している。彼の著書に「Der Bahnbrecher Himmels‐photographie, Stuttgart,1962」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android