マクリーン(読み)まくりーん(英語表記)Alistair Maclean

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マクリーン(Alistair Maclean)
まくりーん
Alistair Maclean
(1922―1987)

イギリスの冒険小説作家(最終国籍はスイス)。スコットランドのグラスゴー生まれ。第二次世界大戦中は海軍に在籍。戦後、高校教師となってから執筆活動に入った。処女作『女王陛下のユリシーズ号』(1955)が大人気となり、続いて『ナバロンの要塞(ようさい)』(1957)は映画化されて大成功を収め、以後も次々と作品を発表した。舞台を広く世界各地にとり、そのなかで展開する人間ドラマは、二転し、三転するといった筋立てが特色。[梶 龍雄]
『村上博基訳『女王陛下のユリシーズ号』(ハヤカワ文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マクリーンの関連情報