コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マシュミ党 マシュミとう

百科事典マイペディアの解説

マシュミ党【マシュミとう】

インドネシアの政党。1943年日本占領下でイスラム教徒諸団体が連合して結成。独立当初は最大の政治組織。1952年ナフダトゥル・ウラマ党が分裂。1960年解散を命じられたが,その潜在勢力はきわめて大きい。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マシュミとう【マシュミ党】

インドネシアのイスラムを代表した主要な政党。日本軍政下の1943年11月,イスラム諸勢力を結集したインドネシア・イスラム協議会(マシュミMasyumiはこの協議会の略称)として設立され,独立後の45年11月,ジョクジャカルタにおいてイスラム系の政党として結成された。この政党は,イスラム近代派(植民地時代のイスラム系の諸政党やイスラム系社会団体ムハマディヤの系列)と,東ジャワを中心とする伝統的イスラム派の双方を含んでいたが,52年に後者は分裂してナフダトゥル・ウラマを結成した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のマシュミ党の言及

【MIAI】より

…植民地時代末期のインドネシアに成立したイスラム諸団体の連合体〈インドネシア・イスラム大会議Majlis Islamil A’laa Indonesia〉の略称。1937年9月,ムハマディヤナフダトゥル・ウラマが協力して,スラバヤで設立された。イスラム諸団体のゆるやかな連合体として機能し,38年,39年にはインドネシア全イスラム会議を主催し,また,39年11月に大日本回教協会(会長,林銑十郎)が東京で開催したイスラム展にも代表を派遣した。…

※「マシュミ党」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

マシュミ党の関連キーワードブルハヌディン・ハラハップスキマン・W.インドネシア

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android