マスグレーブ山脈(読み)マスグレーブさんみゃく(英語表記)Musgrave Ranges

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マスグレーブ山脈
マスグレーブさんみゃく
Musgrave Ranges

オーストラリア,サウスオーストラリア州北西部にあり,ノーザンテリトリーとの境界線に沿って,東西に約 160kmにわたって延びる山脈。花崗岩から成る。最高峰はウッドラフ山 (1525m) 。西部はオーストラリア先住民保護地区。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マスグレーブ山脈
ますぐれーぶさんみゃく
Musgrave Ranges

オーストラリア中南部、サウス・オーストラリア州とノーザン・テリトリーとの境界付近に東西に延びる山地。最高点1440メートル。独特の波状の山容を示す。1873年にエアーズ・ロック頂上からゴスW. C. Gosseが望見し、サウス・オーストラリア行政官(後の総督)の名にちなみ命名。[谷内 達]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android