コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノーザンテリトリー Northern Territory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノーザンテリトリー
Northern Territory

オーストラリア北部にある准州。地形は単調だが気候は北の高温多雨地帯から南の乾燥地帯へと順次移り変る。白人による入植の試みは 1824年に始るが,何回かの失敗ののち,63年からサウスオーストラリア植民地の管轄下に入り,68年にパーマストン (現ダーウィン) への入植が成功。 1911年に連邦政府直轄地区となったが,77年以降,連邦政府の権限が順次委譲され,州に準じた行政体制に移行した。自然的経済的条件に恵まれず,現在も人口はわずかに全国の1% (1992) にすぎず,同国で最も未開発な地域となっている。行政中心地はダーウィン。産業構造は著しく鉱業に特化し,ゴーブボーキサイトをはじめ,マンガン,銅,鉄鉱石を産出し,ウランの埋蔵が注目されている。このほかのおもな経済活動はバークリー台地などの大規模,粗放な牧牛と,ダーウィン,カサリンアリススプリングズなどの都市における政府雇用である。アボリジニ人口が多く,人口の 21% (92) を占め,アボリジニ保護地区が多い。面積 134万 6200km2。人口 16万 8600 (1992推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ノーザンテリトリーの関連キーワードアデレードリバー戦没者墓地ウエストマクドネル国立公園リッチフィールド国立公園ウルルカタジュタ国立公園Red Centreグルートアイランド島ファニーベイ旧刑務所アリススプリングスキングスキャニオンニトミルク国立公園ノーランジーロックグルートアイランドカカドゥ国立公園カーペンタリア湾ポートオーガスタマスグレーブ山脈ワタルカ国立公園ミンディルビーチデビルズマーブルウィリー テラビ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android