コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴス ゴス Gosse, Sir Edmund

2件 の用語解説(ゴスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴス
ゴス
Gosse, Sir Edmund

[生]1849.9.21. ロンドン
[没]1928.5.16. ロンドン
イギリスの批評家,文学史家。ピューリタン的な家風のもとに育ち,父への激しい愛憎を経験して文学に関心をもつにいたった事情は,自伝『父と子』 Father and Son (1907) に詳しい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ゴス【Edmund William Gosse】

1849‐1928
イギリスの批評家。博物学者で厳格なキリスト教徒の父フィリップヘンリー・ゴスによって教育され,のちほとんど独学でフランス文学北欧文学を身につけ,大英図書館員,商務省通訳官,上院の司書などを務めるかたわら,批評の筆をとり,《サンデータイムズ》をはじめとする新聞・雑誌を舞台にし,イギリス文壇に君臨した。当時もっとも幅広い教養と美意識の持主と目され,フランスの高踏派から象徴派の紹介,北欧のイプセンビョルンソンの移植,イギリス17世紀のジョン・ダンの再評価などに力があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ゴスの関連キーワードイギリス革命リービスイギリスオランダ戦争イギリス巻イギリスパンイギリス組曲イギリスの名車Miniバースデーの日スクルーティニーイギリス海洋生物学会イギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゴスの関連情報