コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マタブリ Simo Matavulj

世界大百科事典 第2版の解説

マタブリ【Simo Matavulj】

1852‐1908
ユーゴスラビアの作家。クロアチアの生れ。聖職者になりきれず,修道院を逃亡,ザダルで師範学校に学ぶ。モンテネグロ,セルビアで中学教師をしながら短編,長編を書き,モーパッサン,ゾラらの作品を翻訳した。長編《勢力者ブルネ修道士》(1892)は,ダルマツィア沿岸にあるフランシスコ会修道院の生活を描いたリアリズムの傑作だが,南国的なユーモアにあふれている。《ウスコック(義賊)》(1902)では,地方色豊かなモンテネグロ人の英雄的生きざまを賛美した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のマタブリの言及

【ユーゴスラビア】より

…また19世紀中ごろロシアやフランスのリアリズムに影響されながら,クロアチアの過去を散文に再現したシェノア,セルビア随一の児童文学者ズマイ,スロベニアのユルチッチの活躍も注目される。世紀末にセルビアのラザレビッチLaza Lazarević(1851-91),マタブリスレマツ,クロアチアのノバックVjenceslav Novak(1859-1905)らが地方色豊かな日常生活を好んで描いた。 中世の歴史を通じて,ユーゴスラビア地域の南スラブ諸族はそれぞれ独自の言語をもつようになり,北からスロベニア語,クロアチア語,セルビア語,マケドニア語が話されるようになったが,19世紀に全体の70%以上を占めるセルビア語とクロアチア語が文語として統一されたことは,政治的にも重大な事件だった。…

※「マタブリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マタブリの関連キーワードシーボルトノット(速さの単位)ブンゼンペリー(Matthew Calbraith Perry)国木田独歩シーボルト西太后ユダヤ演劇監獄法国木田独歩

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android