コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マックスウエル・E. パーキンズ Maxwell Evarts Perkins

20世紀西洋人名事典の解説

マックスウエル・E. パーキンズ
Maxwell Evarts Perkins


1884 - 1947
米国の編集者。
ニューヨーク出身。
「ニューヨーク・タイムズ」編集者を経て、出版社「スクリブナーズ」の名編集長として、保守的で新人登用に消極的な同社で、ヘミングウェイ、トマス・ウルフ等新鋭作家の出版を企画。特にウルフの未完成の原稿「天使よ故郷を見よ」(1929年)を読み真価を認めて完成に手を貸したことで知られる。書簡集「編集者より著者へ」(’50年)は没後刊行された米国近代文学の貴重な資料。A.スコット・バーグ著「名編集者パーキンズ」上下(’87年)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

マックスウエル・E. パーキンズの関連キーワードカザン(Elia Kazan)新藤兼人スベルドラップ(Johan Sverdrup)イーグルスカシミールジュネトルーマンハムギ[各個指定]工芸技術部門オリオル

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android