マックスウエル・E. パーキンズ(英語表記)Maxwell Evarts Perkins

20世紀西洋人名事典の解説

マックスウエル・E. パーキンズ
Maxwell Evarts Perkins


1884 - 1947
米国の編集者。
ニューヨーク出身。
「ニューヨーク・タイムズ」編集者を経て、出版社「スクリブナーズ」の名編集長として、保守的で新人登用に消極的な同社で、ヘミングウェイ、トマス・ウルフ等新鋭作家の出版を企画。特にウルフの未完成の原稿「天使よ故郷を見よ」(1929年)を読み真価を認めて完成に手を貸したことで知られる。書簡集「編集者より著者へ」(’50年)は没後刊行された米国近代文学の貴重な資料。A.スコット・バーグ著「名編集者パーキンズ」上下(’87年)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android