コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マックス・フォン・バーデン まっくすふぉんばーでんMax von Baden

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マックス・フォン・バーデン
まっくすふぉんばーでん
Max von Baden
(1867―1929)

ドイツの政治家。本名はMaximilian Alexander Friedrich Wilhelm。バーデン大公国の王族の家系に生まれる。軍務についていたが、大公に嫡子がなかったため1907年、公位継承者に指名された。1918年10月、第一次世界大戦におけるドイツの敗北が明らかとなり、休戦・講和の必要が認められると、政治活動歴がなく、自由主義的傾向があると考えられた彼は、議会多数派に基礎を置き、社会民主党閣僚を含むドイツ第二帝政初の準議会主義政府の宰相に任ぜられた。彼の下で、アメリカ大統領ウィルソンへの講和の申し入れがなされた。国内でも十月改革とよばれる憲法改正が実行され、議会主義の導入、軍部の統制が決まった。しかしこの効果が現れないうちに、国内でドイツ革命が起こったため、11月7日、彼は独断で皇帝ウィルヘルム2世の退位を宣言、宰相職を社会民主党党首エーベルトに譲り引退した。[木村靖二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

20世紀西洋人名事典の解説

マックス・フォン・バーデン
Max von Baden


1867 - 1929
ドイツの政治家。
本名Maximilian Alexander Friedrich Wilhelm。
バーデン大公国の王族の家系に生まれ、大公に嫡子がいなかったため、1907年公位継承者に指名。’18年第一次大戦で敗北が明かとなり、休戦、講和の必要性がでて、社会民主党閣僚を含むドイツ第二帝政初の準議会主義政府の宰相。アメリカ大統領ウィルソンへの講和の申し入れがなされた。国内では十月改革と呼ばれる憲法改正が実行され、議会主義の導入、軍部の統制が決定したが、効力が発揮されない内にドイツ革命が起こり、独断で、皇帝ウィルヘルム二世の退位を宣言、社会民主党党首エーベルトに宰相職を譲って引退した。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について | 情報

マックス・フォン・バーデンの関連キーワード第一次世界大戦史(年表)マクシミリアンシャイデマン

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android