コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マツカサガイ Inversidens japanensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マツカサガイ
Inversidens japanensis

軟体動物門二枚貝綱イシガイ科。殻長 5.5cm,殻高 3.5cm,殻幅 2.2cm。殻は卵楕円形で厚質堅固,殻頂は前方寄りで,老成すると殻頂部はむしばまれる。後背縁は長く彎曲し,後端は丸い。殻表の殻皮は幼貝では黄色で緑色帯があるが,成長すると黒色になる。殻頂から後腹隅への線で背を分けてさざなみ状の彫刻があるが,成長につれて弱くなることが多い。マツカサガイの名はこの彫刻を松かさに見立てたものである。内面は強い真珠光沢があり,殻頂の下前方に大きい三角形の歯と後方に細長い歯がある。北海道から九州に分布し,河川湖沼の砂礫底にすみ,タナゴ類と共生する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マツカサガイ
まつかさがい / 松毬貝
[学]Inversidens japonensis

軟体動物門二枚貝綱イシガイ科の二枚貝。シジラガイともいう。淡水産種で、九州から北海道の河川や湖沼の水のきれいな砂礫(されき)底にすむ。殻長55ミリメートル、殻高35ミリメートル、殻幅22ミリメートルに達し、卵形で厚い。幼貝では殻皮は黄色で緑色帯があるが、老成すると黒色となり、殻頂部の殻皮ははげて白い殻質が露出する。またさざ波状の彫刻がある。内面は強い真珠光沢があり、(こうし)は強い。タナゴ類が外套腔(がいとうこう)内を産卵床に利用する。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マツカサガイの関連キーワードミヤコタナゴゼニタナゴヤリタナゴ

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マツカサガイの関連情報