コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マツムシソウ(松虫草) マツムシソウScabiosa japonica; scabious

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マツムシソウ(松虫草)
マツムシソウ
Scabiosa japonica; scabious

マツムシソウ科の日本特産の越年草。日本各地の日当りのよい山地に生える。茎は高さ 80cm以上になり分枝する。葉は羽状に分裂し,対生する。裂片は鈍頭,上面は緑色で,下面は緑白色をしている。根出葉は幅が広く,上部の葉は披針形となる。夏から秋にかけて,花茎の先端に紫色の美しい頭状花を1つずつつける。萼の上部は牙歯状となり剛毛をもつ。花冠は花序の周辺部のものでは,外側のものが長く伸びて舌状花のようになる。おしべは4本で花冠の上部につく。下位子房は1室。果実は紡錘形の痩果で小型の総包に包まれる。中部山岳など高山草原には,背が低く頭状花の大きいタカネマツムシソウ S. japonica var. alpinaがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マツムシソウ(松虫草)の関連キーワードマツムシソウ科

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android