マトゥラ考古博物館(読み)マトゥラこうこはくぶつかん(英語表記)Archaeological Museum, Mathurā

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マトゥラ考古博物館
マトゥラこうこはくぶつかん
Archaeological Museum, Mathurā

インドの古都マトゥラにある博物館。 1880年開館。シクリ産砂岩によるマトゥラ仏など,紀年銘,奉献銘をもつ遺品が付近から多く出土し,それらを収蔵,展示している。パールカム出土『ヤクシー立像』 (マウリヤ朝) ,マート出土の『カニシカ王立像』,カトラ出土の菩薩銘の仏坐像 (クシャン朝) ,クビシュカ大精舎址出土の仏立像など,すぐれた遺品が多く,マトゥラを中心とする仏教文化を知るうえで重要な博物館である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android