コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マトゥラ考古博物館 マトゥラこうこはくぶつかんArchaeological Museum, Mathurā

1件 の用語解説(マトゥラ考古博物館の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マトゥラ考古博物館
マトゥラこうこはくぶつかん
Archaeological Museum, Mathurā

インドの古都マトゥラにある博物館。 1880年開館。シクリ産砂岩によるマトゥラ仏など,紀年銘,奉献銘をもつ遺品が付近から多く出土し,それらを収蔵,展示している。パールカム出土『ヤクシー立像』 (マウリヤ朝) ,マート出土の『カニシカ王立像』,カトラ出土の菩薩銘の仏坐像 (クシャン朝) ,クビシュカ大精舎址出土の仏立像など,すぐれた遺品が多く,マトゥラを中心とする仏教文化を知るうえで重要な博物館である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マトゥラ考古博物館の関連キーワード単元株制度民事再生法生物多様性条約陵墓安心・安全ビジネス松岡修造中浦ジュリアン国連生物多様性条約会議オウム真理教事件契丹文字

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone