コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マニトバ州 マニトバManitoba

翻訳|Manitoba

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マニトバ〔州〕
マニトバ
Manitoba

カナダ,中央部の州。州都はウィニペグ。北はヌナブト准州,南はアメリカ合衆国,西はサスカチュワン州,東はオンタリオ州に接する。カナダ楯状地が州の5分の3を占め,ハドソン湾沿岸のツンドラ地帯と,南部のマニトバ低地を除き,州面積の 50%以上の地域は森林におおわれる。カナダ最大の湖沼群の点在する州でもあり,湖沼の総数は3万 8500に上る。気候は大陸性で,寒暖の差は激しい。 1612年 T.バットン卿が白人として初めてこの地を訪れ,70年以降ハドソン湾会社が徐々に勢力を拡張。 18世紀を通じて英仏抗争の地となったが,1870年マニトバ州としてカナダに編入。 81年カナディアンパシフィック鉄道の開通とともに本格的な農業開拓が開始された。その後,工業が盛んになり,食肉加工,石油精製,鉄鋼,化学,電気などの工業が行われ,コムギ,オオムギカラスムギおよび家畜を産する。また,北部ではニッケル,銅,金などの鉱産資源の開発も行われている。人口の3分の2は都市居住者。主要都市は,ウィニペグ,ブランドンなど。面積 64万 995km2。人口 109万 1942 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マニトバ州の関連キーワードレッド川(アメリカ合衆国、ミネソタ州西部に源を発する川)フレデリック・フィリップ グローブウェスト・ホーク・クレーターセント・マーティン湖トンプソン(カナダ)サスカチュワン[川]ウィニペゴシス[湖]カール シュレーダーサスカチェワン[川]トムソン ハイウェイセント・ボニフェースレッドリバー植民地セント・ジェームズキーウェティン地区エド ビッカートセントジェームズウィニペゴシス湖マニトバ学制問題ガブリエル ロアウィニペグ[湖]

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マニトバ州の関連情報