コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マニプル丘陵 マニプルきゅうりょうManipur Hills

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マニプル丘陵
マニプルきゅうりょう
Manipur Hills

インド北東部,マニプル州を占める丘陵地帯。ラカイン山地の一部で,南北方向の山地列から成る。中央部をマニプル川 (チンドウィン川支流) が南流して,広い谷をつくる。北部のナーガ丘陵との境界が最も高く,標高約 2430mに達する。谷底の標高は約 760m。適度な降水に恵まれ,過しやすい。森林におおわれ,トラ,ヒョウヤギュウなどが生息。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マニプル丘陵の関連キーワードインパールクキ族

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android