ラカイン山地(読み)ラカインさんち(英語表記)Rakhine Yoma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ラカイン山地」の解説

ラカイン山地
ラカインさんち
Rakhine Yoma

ミャンマー西部の,南北に連なる山地アラカン山地,アラカンヨーマ Arakan Yoma(ヨーマはビルマ語山脈連山の意)とも呼ばれる。ヒマラヤ山脈東端から南に延び,アンダマン諸島を経てスンダ諸島に続く造山帯のうち,チン丘陵ナーガ丘陵,ロンクラン山脈,レタ山脈を含めたミャンマー領の部分。狭義にはその南部,ネグレイス岬から北へ,ラカイン海岸とエイヤーワディ川低地を分ける部分をさす。標高は平均 1500m,最高峰は中央部に位置するチン州のビクトリア山(3053m)。山脈は峻険で,大密林地帯を形成し,気候は高温多雨。山中には,おもにチン族ルシャイ族クキ族ナーガ族などの山岳少数民族が居住するが,森林開発はほとんどされていない。わずかにラカイン地方でチークなどの森林伐採,チン州およびその周辺でチン族による焼畑農耕が行なわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android