コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チンドウィン川 チンドウィンがわChīndwīn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チンドウィン川
チンドウィンがわ
Chīndwīn

ミャンマー北西部を流れる川。エイヤーワディ川最大の支流。全長 1160km。ミャンマー北西端のパトカイ山脈に源を発し,ミンジャン下流でエイヤーワディ川に注ぐ。乾季の3~4月には水量は激減するが,ホムランまでは,1年の大部分,小蒸気船の航行が可能である。チーク,竹材の搬送筏が流され,パコック付近で集材される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チンドウィン川
ちんどうぃんがわ
Chindwin Myit

ミャンマー(ビルマ)北西部を流れるイラワディ川最大の支流。インドとの国境のパトカイ山脈に発し、南流、マンダレー西方のパコック付近でイラワディ川と合流する。全長1159キロメートル、流域面積3万3480平方キロメートル。水源付近は標高3000メートル以上の山地だが、流域平野は大部分が標高200メートル以下で河道は蛇行が著しい。上流域は降水量が多く年間2500~5000ミリメートルに達するが、下流の合流点付近は年間750ミリメートル以下である。増水期には上流600キロメートルのホマリンまで、減水期には380キロメートルのキンダトまで航行可能である。上流の山地にはカチン人、中流にはシャン人、下流の平野にはビルマ人が居住する。[大矢雅彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

チンドウィン川の関連キーワードインパール作戦カチン[州]ポーウィン山マニプル丘陵ザガイン管区ナーガ丘陵パガン朝ファラムミキル族ビルマ族モンユワカレワモニワ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android