コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マニラロープ Manila rope

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マニラロープ
Manila rope

マニラアサ (アバカ) の繊維でつくったロープ。葉柄から耐水性硬質繊維を抽出して単糸とし,よって縄をつくり,さらに子縄をより合せてつくる。軽く,強靭で耐水性に富むことから船舶用や大型漁業用に広く利用されてきたが,化学繊維の普及によって,その範囲はせばまっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

マニラ‐ロープ(Manila rope)

マニラ麻で作った。耐水・耐久性に富み、船舶用として重要。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のマニラロープの言及

【ロープ】より

…マニラアサはフィリピン,インドネシア,中央アメリカなど熱帯地方に産するバショウの1種の葉柄から採った繊維であって,各単繊維の中心部は中空であるので目方が軽い。したがってマニラロープは,水に入れても浮く特性をもち,かつ耐海水性に優れている。フィリピンが世界の約9割を生産し,ダバオのアサは世界的に有名である。…

※「マニラロープ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マニラロープの関連キーワードマニラアサマニラ麻

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android