コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マフィリンド Maphilindo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マフィリンド
Maphilindo

マレーシア,フィリピンインドネシアの3国から成るゆるやかな協議体。 1961年ラーマン首相が提唱した「マレーシア連邦構想」は,その1州に予定されたサバ州への領土要求を掲げるフィリピンと,同構想をイギリス植民地主義者の反革命的陰謀であるとするインドネシアの双方からの反対に直面した。フィリピンのマカパガル大統領はマレー系3国の連携による事態の改善を呼びかけ,63年7月スカルノ,ラーマン,マカパガルによる首脳会議で,マレー系3国が「密接な調和を保ちつつ,おのおのの主権を一部たりとも失うことなく協力」することを目的として3国の頭文字をとり「マフィリンド」が発足した。同年9月,マレーシアの発足が一方的に宣言されるにいたって,3国間の国交断絶という形で事実上崩壊したが,この精神は,やはりこの時期に破綻した東南アジア連合 ASAとともにのちの東南アジア諸国連合 ASEANへと継承された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マフィリンドの関連キーワードD. マカパガルS.P. ロペスサバ紛争

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android