コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マライヤマネコ flat‐headed cat

世界大百科事典 第2版の解説

マライヤマネコ【flat‐headed cat】

前頭部が平たんでいわゆるネコらしくない顔つきのヤマネコ。食肉目ネコ科の哺乳類マレー半島スマトラボルネオに分布。体長41~50cm,尾長13~15cm,体重1.5~2.5kg。体つきはずんぐりしており,四肢は非常に短く,前後の足は小さい。つめは完全に引き込めることができず,つねに外に出ている。体背面は赤褐色から暗褐色で,上毛の毛先が白く,霜降り状を呈する。腹面は白い。森林に単独ですみ,川,湿地沼地などの水辺を好む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のマライヤマネコの言及

【ネコ(猫)】より

…【村下 重夫】。。…

【ネコ(猫)】より


[形態と機能]
 現生の種の体の大きさは変化に富み,最小のものは南アフリカのカラハリ砂漠付近の乾燥地帯に生息するクロアシネコFelis nigripesで,体長33~50cm,尾長15~20cm,体重1.5~2.75kgにすぎないが,最大のものはアジアに分布するトラPanthera tigrisで,なかでもシベリア南東部や中国東北部に生息する亜種のシベリアトラ(チョウセントラ)P.t.altaicaは大きく,体長2.8m,尾長95cm,体重306kgに達する。体色も変異が著しく,灰色のコロコロ(パンパスキャット)Felis colocolo,灰褐色のジャングルキャットF.chaus,褐色のマライヤマネコF.planiceps,金色をおびた褐色のアフリカゴールデンキャットF.aurata,赤褐色のヤガランデF.yagouaroundiまであり,白色型のライオンP.leoや黒色型のヒョウ(クロヒョウ)P.pardusなども知られている。褐色や黒色の斑紋をもつものが多く,トラのような縞模様,ジャガーP.oncaなどのような梅花状の大きな斑紋,チーターAcinonyx jubatusなどのような黒点があり,それぞれまったく別のもののように見えるが,黒点がつながって縞模様や梅花状斑紋が形成されたものである。…

※「マライヤマネコ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報