マラムレシュ地方の木造教会群(読み)マラムレシュちほうのもくぞうきょうかいぐん

世界遺産詳解の解説

マラムレシュちほうのもくぞうきょうかいぐん【マラムレシュ地方の木造教会群】

1999年に登録されたルーマニアの世界遺産(文化遺産)で、同国北部のマラムレシュ地方に位置する。この地方には、建物すべてが木で造られたゴシック様式の8つの教会がある。1364年に建てられた教会が最も古く、ほとんどの教会は18世紀から19世紀にかけて建てられている。これらの教会は、建立された時代は異なっても、レースのような軒、魚の鱗のようなパターンにカットされた木の屋根瓦、長く四角いとんがり帽子の形をした屋根という共通の特徴がある。今も中世ヨーロッパの農村特有の文化的景観を形成していることなどが評価され、世界遺産に登録された。◇英名はWooden Churches of Maramureş

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android