マリアルーズ号事件(読み)マリアルーズゴウジケン

デジタル大辞泉の解説

マリアルーズごう‐じけん〔‐ガウ‐〕【マリアルーズ号事件】

明治5年(1872)ペルー船籍のマリアルーズ(Maria Luz)号が横浜に入港しているとき、同船から清(しん)苦力(クーリー)が逃亡したことに端を発する日本・ペルー間の紛争。奴隷売買を不当とする日本側は苦力を釈放、それを不服とするペルーはロシア皇帝に仲裁裁判を求めたが、日本の主張が認められた。この事件をきっかけに日本国内の芸娼妓売買が問題化した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android