コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同船 ドウセン

デジタル大辞泉の解説

どう‐せん【同船】

[名](スル)
同じ船。
同じ船に乗り合わせること。また、その人。
「先年宮の渡しに―したる人を、今日銀座の往来に見掛けて」〈福沢学問のすゝめ
前に話題にのぼった、その

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

どうせん【同船】

( 名 ) スル
同じ船。
同じ船に乗ること。乗り合わせること。

もろきふね【同船】

〔諸木船の意〕
多くの木材を合わせて造った船。合木船。 「大舶つむと-と三艘みつを賜ふ/日本書紀 皇極訓注

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

同船の関連キーワードフィッツロイ川(オーストラリア北西部、ウェスタン・オーストラリア州)パルルマン・ベルジュ号事件クロード・B. ジョーンズトリー・キャニオン号事件ゲルマン・S. チトフゲオルギー グレチコアーロン・マンビー号グレート・ブリテン号バージニアス号事件E. クニッピングマリアルーズ号事件フェートン号事件アトランティス号マヤグエス号事件タイタニック2号ヤン・ヨーステン第五福竜丸事件モリソン号事件S. マカロフアラバマ号事件

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

同船の関連情報